すべての「現実逃避にゲームをしている方達」へのブログ

「自分、ゲームは雑食なんで・・・」は言い訳

陽キャ「俺もゲーム好きなんだよね!今なんのゲームやってるの?」私「LoLってゲームで・・・」

Hi everyone, SchokoMint here.

みなさんこんにちは、しょこみんとです。

 

早速ですが、私が少し考えて作った茶番をお読みください。

 

一般人「休日とか何してるんですか?」

私  「休日はほとんど家でゲームしてますね・・・」

一般人「ゲーム好きなんですか!?僕もゲームめっちゃ好きなんですよね!」

私  「あっ!そうなんですか!なんのゲームとかするんですか?」

一般人「僕モンハンめっちゃ好きで、最近はモンハンとかしてますね」

私  「モンハンめっちゃ面白いですよね!」

一般人「私さんはなんのゲームしてるんですか?」

私  「・・・」

 

お読みにならている方々の中にもこのような会話を楽しまれた方は多いと思います。

ゲーム好き同士の実に微笑ましい会話。

しかしこれは私を含む特定の人種にとって恐ろしい質問であります。

 

私  「最近は・・・というか基本的にずっとLoLっていうゲームやってます」

一般人「える、おー、える?どんなゲームなんですか?ジャンルは?」

私  「・・・」

 

恐ろしい事になってきましたね。

 

私  「MOBAっていうジャンルなんですけど・・・」

一般人「???、もば?」

 

一般サモナーの方々の中に私と同じ恐怖体験をされた方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。今回私が取り上げたい話題は以下になります。

 

リーグ・オブ・レジェンドというゲームどうやって伝える問題

 

リーグ・オブ・レジェンドというゲームが生まれるよりもっと前、MOBAというジャンルが確立したはるか昔の頃から、この問題はともに生きるプレイヤーの隣に常にあった、と伝承では言われています。

この問題が現代まで解決されていない理由は、会話相手のゲーム歴がわからない、LOLのゲーム的要素の複雑さ、世界では大人気、日本では無名という相反する状態、会話時間の制限...etcと様々あります。

 

今回は

一般人「LoLって何?どんなゲーム?」

という一般人の無意識で無邪気で悪質な質問に対して、様々な状況に合わせ最適な会話を考えていきたいと思います。

 

会話

会話とはキャッチボールと言われることがあります。自身が会話相手にボールと言う名の言葉を投げます。それに対して相手は、感想、意見、質問等を返してきます。これが会話が言葉のキャッチボールと言われる理由です。

でもこれ、何かに似てませんか?

チャレンジャー階級の方ならもうおわかりだと思いますが、なんとこれレーン戦そっくりなのです。

相手の言葉(ハラス)に対して、こちらも言葉(ハラス)で返す。

スキを見つけたら、それは違うよIN(フラッシュIN)からの理論武装(オールイン)で論破(ソロキル)してGGです。

完全に一致していると思います。こう考えれば会話というのはいかに奥深いかがわかると思います。

あなた方は会話においてチャンピオンです。チャンピオンにとって試合が始まってから終わるまで常に考えなければいけないものをまず考えましょう。会話(アイテム)のビルドパスです。

 

会話ビルドパス

LoLを説明する上で語るべきことはいくつかあり、それぞれに特徴があります。そしてレーン戦と同じように会話(対戦)相手によって話すこと(装備)や話す順番(ビルドパス)を変える必要があります。

 

LoLが持っている要素をできるだけ上げてそのアイテムについて考えていきましょう。

 

タイトルについて

・世界で一番プレイされているゲーム

・最近流行りのe-sportsであり、プロプレイヤーも最も多い

 

ゲーム内容について

・5 vs 5の対人ゲーム

・無料ゲームで、free to winの精神がある

・プレイアブルなキャラクター(有名声優も出演)が100体以上いる

・MOBAというジャンルのゲームであり、戦略性が高い

 

MOBAについて

・敵の本拠地を壊すゲーム

・(早口で)

ゲーム開始直後、まずプレイヤーが操作する全てのチャンピオンレベル1からスタート。敵地から湧いてくる雑魚キャラミニオンMinion)」を倒してレベルアップしつつお金を稼ぎ、装備をえていく(ミニオン以外にも「中立クリープ」と呼ばれる特定の場所に配置される敵もおり、中には倒すと強支援効果(バフ)を与えてくれるものもいる。なお、敵チャンピオンを倒すとより多くのお金がもらえる)。

チャンピオンの最高レベルは18までで、装備は魔法や打撃ダメージを高めるもの、防御HPを高めるものなど多種多様なものが用意されている。

このミニオン達と進軍しながら自分のチャンピオンを育てていき、最終的に敵の拠点を破壊すると勝利となる。

 

などがあります。それではそれぞれのアイテムについて評価します。

 

タイトルについて

このアイテム群は基本的にLoLというタイトルの説明になるため、会話の序盤にビルドすることで活躍するアイテムが多いです。

 

・世界で一番プレイされているゲーム

他のアイテムに依存せず、単体でとても強いアイテムです。それ故にパワースパイクも早いアイテムです。

ゲームについて知識が殆ど無い人や、洋ゲーに抵抗のない人々には威力を発揮します。日本人プレイヤーである我々は忘れかけていますが、LoLは日本で人気がないだけで世界では人気ですので、対戦相手を見極めてしっかりとコアアイテムとしましょう。

活用例:ライトゲーマーに対してMOBAの魅力を語り続けても、会話のパワースパイクが遅すぎて「難しそうだね・・・」「よくわかんない」など会話に敗北する可能性が高いです。こういったライトゲーマーには1コアでパワースパイクに到達する「世界で一番人気なゲームなんですよ」と言ったほうが「ほんと?すごいね!」と序盤から有利な展開に持ち込むことができます。

 

・最近流行りのe-sportsであり、プロプレイヤーも最も多い

一つ前の「世界で一番プレイされているゲーム」をファーストコアにした後、セカンドコアとしてビルドすることで一番効果を発揮するアイテムです。

最近アジア競技大会にも採用されていて競技性の高いゲームだと言い切れば、「そんなにすごいゲームなんだ!」と思ってくれます。

弱点としては、このアイテムは会話をこれ以上深掘りすることが難しく、このアイテムで会話(ゲーム)をクローズさせる能力が必要になります。アーリー会話で終わらせる自信があるなら良いアイテムとなるでしょう。

 

ゲーム内容について

このアイテム群は主に状況に応じて選択するアイテムが多いことが特徴です。相手の風貌、話し方等から相手に刺さるカウンターアイテムを探しましょう。

 

・5 vs 5の対人ゲーム

協力型ゲームや対人ゲームが好きそうな相手に有効に働きます。こういった人種にとりあえず共闘といっておけば大丈夫です。

 

・無料ゲームで、free to winの精神がある

対人ゲームが好きな人種の中に一定数存在する課金に親を殺された人々。彼らは課金要素に対して特に強い嫌悪を示しています。大体はお金を自由に扱うことができない学生の方々が多いのですがそんな彼らが相手である場合、このアイテムをビルドしなれければなりません。いわばアサシンに対して忍者足袋やイカ剣を積むのと同じです。ビルドしておかないと「課金ゲー」というフルコンボを受けてソロキルされてしまいます。

 

・プレイアブルなキャラクター(有名声優も出演)が100体以上いる

ポケモンスマブラでマイナーキャラクターを好んで使うマイオナ野郎にとても効果的です。一般的にLoLは相手や味方の構成に合わせてチャンピオンを選択することが理想ですが、そんな事は彼らに教える必要はありません。

 

・MOBAというジャンルのゲームであり、戦略性が高い

 戦略性が高いという点が、ゲームに知性を求める人種に効果的です。彼らのほとんどはせめてゲーム内では賢そうに振る舞いたいという一心ですので、ぜひビルドしていきたいものです。ところが後述するMOBAという話題に移ってしまうことがほとんどであり、プレイヤーに苦痛が強いられます。

 

MOBAについて

まずこのアイテムをビルドパスに組み込むことを検討されている方は今一度自分と相手を見つめ直してください。

・自分にはMOBAの魅力を語り終えるまでの会話力(話の起承転結、抑揚)があるか?

・相手にはMOBAの魅力を語り終えるまでの話を聞く集中力があるか?

・相手はMOBAが好きそうか?

・会話は途中、外乱によって遮られる可能性はないか?

・会話時間は十分に確保されているか?

これらをすべて満たす場合にのみやっとMOBAについて話すことを考えてください。

なぜかといいますと、MOBAというアイテムはとてつもなくパワースパイクが遅いからです。テレビでよく披露されているすべらない話レベルで構築力が必要になります。しかし成功すれば確実にソロキルできます。MOBAの魅力に取り込まれて一生LoLをやめられない人がいるように、MOBAには魔法が秘められています。

 

ここまで書きましたが、基本的に会話初心者は

「世界で一番プレイされているゲーム」→「5 vs 5の対人ゲーム」→「プレイアブルなキャラクター(有名声優も出演)が100体以上いる」でビルドするのが一番無難かと思います。

ゲーム内容について説明して少し攻めたい場合は、

「世界で一番プレイされているゲーム」→「5 vs 5の対人ゲーム」→「MOBAというジャンルのゲームであり、戦略性が高い」がいいと思います。

ちなみに私はMOBAについて語ってうまくいった試しがありません。

 

なお、最近LoLとしている友人Aと私が話していたところに、友人Bが「LoLってどんなゲーム」と聞いてきてくれたので、この心構えを参考にソロキルしてやろうと話しだそうとしたところ・・・

 

友人B「LoLってどんなゲーム?」

私  「せk・・・」

友人A「うーん・・・言葉で説明するのは難しいんだよね。」

   「でもめっちゃおもろいから今度Bも一緒にやろうぜ!」

   「やりながら教えてあげるよ!」

友人B「マジ?課金しなくても大丈夫?」

私  「むry・・・」

友人A「課金しても強くなんないからw」

   「友人Bも才能あったらマジ初めてすぐ活躍できるよ!」

友人B「最高じゃん!じゃあPC買ってくるわw」

友人A「マジかw」

私  「・・・」

 

会話はキャッチボールでもレーン戦でもない・・・

オタクに会話はできない。

オタクは早口で話が長いと言われるが、それはオタクが会話歴が少なく、会話相手のことを考えずに自分の主張をながながと話し、その欠点を補おうとして話を短くするのではなく早口で話しきるという独自の進化を遂げたからである。要は身勝手なのだ。

 

何も知らない聞き手に対して思いやりながら会話をする。

会話とは思いやりである。

 

以上

 

 

League of Legendsで勝てない理由を徹底分析!

Hi everyone, SchokoMint here.

みなさんこんにちは、しょこみんとです。

(記事タイトルは、私が一番好きだったLoLブログ記事のタイトルと似せました。)

 

最近LoLで勝ててますか?私は全然勝てていません。

どうしたら勝てるのか、毎日考えている方々も多いでしょう。

実は私もその一人で、仕事中にも勝つためにはどうしたらいいか考えている次第です。

考え尽くし、答えが出ず、それでも勝つためにいろいろなサイトを見ていたところに、こんなブログに迷い込んでしまったあなたに申し上げます。

(釈迦に説法ですが)LoLで勝てない要因は様々です。

 

あなたがいろいろな考察サイトを巡り、自分が勝てない要因を探しています。

しかし、その理由にあまり納得できずに更にいろいろなサイトを巡り、

ついにはこんなブログに辿り着いた。

これはLoL勝てない要因は人によって様々であり、他人が勝てない理由を読んでもあまり参考にならない、という裏付けになるでしょう。

ならどうするか、自分で考えるのか?

ーーーそう自分で考えるんです。

 

・・・。

面倒すぎる、あまりにも面倒すぎます。

なぜ面倒に感じるのか、それはLoLというゲームが勝てない時の要因が大量にあり、そしてそれが複雑すぎて理解しづらいからだと思っていました。

 

ーーーそこに思考の落とし穴があったのです。

私達はLoLで勝ちたいという思いが強すぎるあまりつい、「LoL 勝ち方」などと検索してしまいがちです。(え、私だけですか・・・?)

だから、“負け”続けている時は“勝てない”と言いがちです。(プライド等もあると思いますが・・・)

「勝つ為の戦術」と「負けない戦術」を考えてください。

 

勝つ為の戦術

・他の人と違う行動をとる事【差別化】

・勝利に繋がる行動をする事【リスクテイク】

 

負けない戦術

・他の人と同じ行動をとる事【同調】

・負けに繋がるミスをしない事【リスク回避】

 

このように両者の戦術は真逆である事が分かります。

そしてスポーツなどにおいては、一般的に負けない為の方法を実践する事が勝利に繋がりやすいと言われています。

LoLで最高峰リーグと言われるLCKでも、より少ないリスクで最大限のリターンを獲得する戦術(超ローリスク・ローリターン)で、わずかな有利を積み重ね大きな有利を築くスノーボール戦術が最も強い戦術として認識されています。

更に、現在LCK1位独走中のGriffinのヘッドコーチcvMAXは先日のインタビューで、自分たちが目指しているのは「ノーリスク・ローリターン」だと語っています。

つまりLoLでも、「負けない戦術」をとる事が勝つ為の一番の近道ということです。

(後から見返すと、この文章はあまりにも意識高い系に見えて恥ずかしく書き直そうと思ったのですが、力強い文章感を残すためにあえてこのままにしております。)

 

 

では負けない為にはどうしたらいいでしょうか?

上記の戦術で書いていますが、負けに繋がるミスをしない事が重要です。

負けに繋がるミスをしない為には、負けた時の要因を探りそれを二度としない事です。

負けた時では抽象的ですので、ネクサスが破壊された時と言い換えましょう。

ネクサスが破壊された要因をすべて探り、それを対策できれば良いのです。

しかしLoLではネクサスを壊されるまでが長すぎる事、そしてネクサスが壊された要因が多すぎて、適当に考えるだけでは敗北要因を思い浮かばないものです。

ーーーじゃあ真剣に考えてみましょうか・・・

 

・・・実に面倒です。しかも思いついた要因の重みが分からない・・・。

しかし、ヒントは仕事に隠されていました。

突然ですが特性要因図というものをご存知でしょうか。

特性要因図とは、ある結果に対する潜在的な原因を探る方法の一つとして役に立つものです。

例えばある会社で、「売上ダウン」という結果があったとしてその要因を探る時には下図のように用いられます。

 

f:id:misaki-shokota:20180621184623p:plain

Fig.1. 売上ダウンの要因

 

この場合、大まかな要因として人、手段、環境、売り方の「大きな要因を」4つを考え、それについての詳細な要因を考えています(さらに詳細な要因を考えても可)

要因を考えたら、その要因が発生する要因がないかを深掘りして行きます。

そうしていくとこの図では、「環境」と「人」の売上ダウンの要因として「採用が弱い」が重複している事がわかります。

採用が弱いことが社内の環境や人の両方に悪影響を与える要因であるということです。

実は、これが売上ダウンという結果に対する潜在的な要因である事がわかります。

採用を強化する事が多くの売り上げダウンの要因を対策できるからです。

特性要因図は対策手段を講じる際にとても役に立ちます。適当に要因を対策していく虱潰しの方法より、潜在的な要因に対策していくほうが改善のパフォーマンスが高いことがわかります。

 

同様にLoLにも同じことが言えないでしょうか?

LoLで負けた理由は様々ですが、この方法で紐解いていけばあなただけの潜在的な要因があるでしょう。ネクサスが破壊された要因を考えて、その要因はなぜ起こったのか、要因はなんなのかを考え続ければ、潜在的な要因に辿り着きます。

余談ですが、特性要因図はフィッシュボーン図とも呼ばれます。図の見た目が魚の骨のように見えるからです。

 

皆様も是非実践してください。

もちろん私は実践していません。仕事を家でもしている気分になって苛ついてきます。

大とんでん返しですが、勝てなくたって良いんですよ。

どんなに要因分析を行っても、勝てない時に感情的になって試合中に対策を実践できなければ意味がありません。負けない為に重要なことは実は、キレない事です。

キレない為にはどうしたら良いか?

League of Legendsでキレてしまう理由を徹底分析!

キレてしまった時の要因を分析して、次はキレないように心を強く持つしかない、と私は思います。

しかしLoLでは、実はこれが一番難しいと私は思っております。

 

 

 

 

 

 



Dopaを目指してツイステッドフェイトを使う(S8)

Hi everyone, SchokoMint here.

どうも、SchokoMintです。

 

今日の話題:ツイステッドフェイト

 

私はLOLの歴史にはあまり詳しくありませんが、古くからLOLにおいてMIDレーナーにはスタープレイヤーが数多く存在します。

LOLにおいてMIDレーナーは最もゲームに対して影響力が高く、carryしやすいポジションだと言われているからでしょうか

要は何が言いたいかというとMIDレーナーが上手ければゲームに勝ちやすいということです。

 

話は変わって、ツイステッドフェイト(TF)というチャンピオンがいます。

世界最強ソロQプレイヤーであるDopaはツイステッドフェイト(TF)の勝率だけで80%を超えている状態が頻繁にあります。彼がTFの達人であることは疑いようのない事実ですが、このチャンピオンには勝率80%を叩き出すポテンシャルがあるということでしょう。

別にDopaだけがTFの達人であるわけではありません。

f:id:misaki-shokota:20180519164044p:plain

Fig1 patch8.10におけるTFのピック率と勝率


ここには8.6からのデータしかありませんが基本的にTFというチャンピオンは、メタにかかわらずピック率、勝率においてかなり高い順位を維持しています。

 

まとめますと、LOLというゲームで

最もcarryしやすいと言われているポジションMIDレーンにおいて、メタに左右されず絶えず強いツイステッドフェイトを使えば、ランクを一番上げやすいということです。

これはプレイ中の10人の中で、自分が一番うまいという前提で成り立っていますが問題ありません。FakerはWCS2017決勝直前のインタビューにて「自分のせいで試合に負けると思ったことは一度もない」と語っております。

MIDレーナーにはこの心意気が必要だということでしょう。私もどんなにFeedしてもこの心を捨てず、どんなに味方に罵られようとすべてを受け止め、いつの日か下記(Fig2)のような形で勝利を収められると信じてプレイします。

 

f:id:misaki-shokota:20180519170429j:plain

Fig2 RiotJPにも認められる実力の証

 

まとめ

・自分の実力で勝ちたいならMIDレーンへ

・TFはソロQにおいて最強

・私はDopaではない、また最強のMIDレーナーでもなかった。

f:id:misaki-shokota:20180519172316p:plain

Fig3 アルティメットでキル献上を行う人間の末路

 

次回もTF考察します。

Silver目指してLoL

どうも、SchokoMint(しょこみんと)です。

LoLを本格的に始めて結構時間(半年)が経ちました。

 

S7終盤にランクを始めてSilverに配属されましたが、いろいろな沼に浸かり、S8ではBronzeに配属され一時期はBronze5まで落ちましたが2018年4月15日現在はBronze1まで上がりました。

ここまでランク戦は100戦ほどこなしましたが全体勝率として51%です。一度Bronzeに配属されるとSilverになることも本当に一苦労で、もっとノーマルでレートを上げてランクに行くべきだったとも思います。

f:id:misaki-shokota:20180415230305p:plain

f:id:misaki-shokota:20180415230308p:plain

トリスターナって全ADCで一番簡単だと思うんですけど気の所為でしょうか・・・

 

ADCはやってて一番楽しいです。カイトしてる時は死ぬほど気持ちいし、イキリWブリンクしたときのハラハラ感はトリスじゃないと味わえません。個人的にビルドの選択の仕方一つで意外と生存力も大幅に変わることも楽しいです。(忍者足袋、ファントムダンサー、ヘクスドリンカー等)まぁトリス以外まともに使えないんですけど・・・

 

 

 

 

 

 

ノスタルジーに浸ってしまった時

大昔(5年前)の自分のブログを友人が久々にサルベージしてきました。

恥ずかしいなぁと思いながらみんなで見ていたら、とてもノスタルジックな気分になりました。

 

5年前の私はどうやら24時間耐久CODなるものをしていたらしいです。

今、同じことをしたいと思えませんし、そんな気力体力も無いですが・・・

あの頃は当然楽しかったですし、今見返してもやっぱり楽しかったなと思いました。

 

思い出を記憶だけに留めずに、見返すことができる形で保存することはやはり素晴らしいことだと感じました。

 

今のブログとの違い

5年前の私はどんなくだらない記事でもブログにしていました。

おそらくこういったことが大事だったのでしょう・・・

初心に帰って思い出を綴る日記を書いていこう。

 

また5年後にみんなとノスタルジーに浸るために

社会人になりました

社会人って時間がないんですね・・・

ご無沙汰しています、今年から社会人になっていました。

新人なので大それた仕事らしいことはしていませんがそれでも毎日9時間は会社に囚われ、3時間は移動に消え、計12時間は家にいません。

遅刻も居眠りも出来ないため、睡眠時間も6時間確保すると、自由時間はたったの6時間。

面倒な食事や、お風呂に消える時間を考えると毎日遊べるのは5時間といったところでしょうか・・・

時間は足りない方がいい

はじめは時間の足りなさに本当に絶望していました。

しかし、この自由時間の減少で本当に自分がしたかったことは何かがわかりました。

続きを読む

独りでするゲーム(ホライゾン・ゼロドーン)

ゲームのソーシャル化

ソーシャルゲームのことではありません。みんなでするゲームということです。

対戦ゲーム

これは生まれた直後はCPUと対戦していましたが割と早い段階でプレイヤー同士が戦えるようになってそれが一般化した印象があります。

協力ゲーム

これはいつ誕生したのでしょうか

最初は協力もできるゲームがほとんどであり、協力前提のゲームではなかったような気がします。

続きを読む